二十四節気と七十二候

古来から親しまれる季節の言葉の意味と歴史、折々の風物や文化をご紹介します

穀雨 –草木を潤す、恵みの雨–

清明 –清々しい緑の季節へ–

春分 –真東から朝日の射す日–

啓蟄 -虫たちも起き出し春本番へ-

雨水 –空も大地も潤みはじめて–
Column TOP
Column
二十四節気と七十二候

二十四節気と七十二候について

暦とことばをもっと楽しむ「最初の一歩」をお届けします。